墓地

遺族にも優しい納骨堂

東京のような大都会において墓石式はスペースもなく、それでいて膨大な費用がかかります。それに比べて納骨堂であれば東京でも問題なく建てることができ、費用も大きく下げることができるとして遺族も利用しやすいのです。

見学を積極的に利用

東京の納骨堂を選ぶ際は、実際の雰囲気を掴むことが重要です。サイトに掲載された写真を見るだけでなく、直接見学することでより雰囲気を掴むことができますよ。故人が永眠する場ですので、より良い場所を選びましょう。

永代供養をしてもらえる

納骨堂を利用する大きなポイントは永代供養をしてもらえる点でしょう。つまり遺族が足を運ばなくとも無縁墓地にならないのです。お寺のほうで管理してもらうことが可能で、加えて永続的な供養もしていただけるのです。

都会でも遺骨を収蔵できる

人の命はみな有限であり、いつかは最後の刻を必ず迎えることになります。
故人を弔う儀としておこなわれる葬儀には、地域によって文化や方法がそれぞれ異なります。
日本でおこなわれる葬儀では火葬が用いられ、ご遺体を遺骨として形に残すことになります。
火葬によって残された遺骨は骨壷に納められるのですが、このあと遺骨をどこに収蔵するかは各個の自由となります。
従来通り、先祖代々受け継がれてきたお墓に納める人もいるでしょう。
その一方で、東京などの都会では納骨堂を利用される方も増えているのです。

納骨堂とは本来、遺骨をお墓に納めるまでの間のみ、一時的に収蔵するための場所としての利用が一般的でした。
しかし、時代の流れとともに納骨堂の利用方法も変化していき、今では一時的なものとしてではなく、東京の納骨堂は永久に故人が眠る場として利用されているのです。
従来のようにお墓に納めるためにはそもそもまず霊園を用意できるような土地が東京に必要となってきます。
しかし東京ではそういった余った土地というのは少なく、霊園をあたらしくつくるのは困難なことなのです。
かといって遠方にある霊園を利用すると、お墓参りなどに通いにくいという大きな欠点があるのです。
その一方で、納骨堂であれば、少ないスペースで故人を弔う場をつくることができるため、多くの人が求めるようになったのです。
加えて、東京の納骨堂は、単純に遺骨を納める場として利用されるだけでなく、その他にもさまざまなサービスをおこなってくれるのです。
今回はそんな東京の納骨堂に焦点を当ててみましょう。